2009年~2011年の記事 | News archive for 2009-2011

最新の記事

このページには、2009年~2011年の記事を掲載しています。最新の記事は、 をご参照ください。

2011/4/3 更新

個展開催延期のごあいさつ

3月11日の東日本大震災と、それに続く原子力発電所の事故が、4月1日という年度初めの今日においても、日本中に多くの混乱と困難を引き起こしています。被災地の皆様には、心からのお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
地震の起こったその日は、個展開催予定日まで2カ月半という、作品の仕上げの段階でしたが、こうした未曾有の大災害を体験して以後、率直に言って私自身仕事に打ち込むことが困難な毎日を過ごしています。
被災地の皆さんが地震・津波の被害から復旧し復興していくことにも、多くの年月がかかることでしょう。そしてまた、原子力発電所の安定化の今後の見通しが立たない状況の中で、もし個展を開催したとしても、どれだけの方々に落ち着いて作品を鑑賞していただけるのでしょうか。
そうした思いが募る中で、今回の個展開催を見送り、時期を見て日本中がある程度落ち着きを取り戻した時点で、再度開催の機会を探りたいと考えました。個展を楽しみに待ってくださった方々にお詫び申し上げるとともに、今後ともどうぞご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

2011/2/14 更新

個展開催迫る!!

3年ぶりとなる個展が東京・銀座の井上画廊で開催されます。
新作のSMの小品から80号の大作まで、油彩画約30点を展示します。
銀座松屋の正面の画廊です。絵画鑑賞の後は“銀ブラ”で、晩春の一日をお過ごしになりませんか。

場所;井上画廊
〒104-0061 東京都中央区銀座3‐5‐6 松屋前・井上商会ビル3階
電話;03-3562-1911
日時;2011年5月30日(月)~6月4日(土)
11:00~19:00(初日は13:00から。最終日は18:00まで。)

2010/9/23 更新

月刊『美術の窓』に、またまた掲載!

美術の専門誌として良く知られた月刊『美術の窓』の2010年10月号に、作品と評論が 紹介されました。
“今、輝いている女性アーティストたち”と題した特集の中で、カラー の1ページに大きく取り上げられています。
今回掲載されている作品は“天使の 羽”(S30)で、今年制作した最新作です。磯部靖氏の評論も的確で、高く評価してくだ さっています。
ぜひ、書店で手にとってご覧ください。

2010/7/6 更新

第4回新生美術会・関東支部展出品作品(2010年6月9日~13日、新宿パークタワー)をアップロードしました

2010/4/24 更新

月刊『美術の窓』で紹介!

 美術の専門誌として知られた月刊『美術の窓』(生活の友社)の2010年5月号に、最新の作品とともに紹介されました。
 「美術団体で活躍する、人気作家ベストセレクション」という特集で、カラーの1ページに大きく取り上げられました。ぜひ書店で手にとって、159ページをご覧ください。

2010/2/22 更新


新生美術会
第4回 関東支部
“アートの小径(こみち)”
絵画展

会場
新宿パークタワー1Fギャラリー“3”
会期
2010年6月9日(水)~13日(日)
9:00~19:00 (初日は15:00から、最終日は17:00まで)

今年も関東支部展を開催いたします。ご高覧頂ければ幸いです。
 第42回新美展に際しては、今までにないほどの多くの方々にご来場賜りました。ここに厚く御礼申し上げます。お陰さまで盛会裏に無事終了することができました。今回は、新たな出品作家も多く、内容の濃い充実した作品展となりました。
 ところが残念なことに、東京都美術館がリニューアルのために、来年から2年間休館となってしまいます。そのため、新美展はその間休止することとなりました。しかし、創作活動までをも休止することはできません。そこで、私としては関東支部での活動に力を注ぐことにしたいと考えています。
 関東支部展は、まだ来年開催の場所・日程など未定ではありますが、決まり次第このHP上でもお知らせしたいと存じます。どうぞまた多くの皆様にご高覧賜りたく、頑張りたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

2009/10/09 更新


新生美術会では、第42回 新美展を上野公園にある、 東京都美術館で、2009年11月22日(日曜日)から29日(日曜日)まで開催いたします。 全国から公募した作品を公平な審査により、優れた作品を展示いたします。 より多くの方がたにご高覧していただきたいとおもいます。